try my best★慶應通信

2012年4月、慶應義塾大学通信教育課程に66期生として入学しました♪
時には足跡を振り返ることができるよう、記録しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

放置プレイ?

いい加減、この放置状態をどうにかしなきゃ…(^_^;


とりあえず、まだ辞めてません(笑)


スクーリングには今年も行ってきました♪

スクーリングから帰ってきてからは、9月1日締め切りのレポートを出すべく、
レポート作成にとりかかっていました。

今やってるのは東洋史…未だに

で、草稿はすでに書いて、あとは校正するだけだったんだけど、
ここにきて、やっぱりもう少し先送りにしようと思っています

なぜかというと、東洋史は『バーブル』の方を選んでいるんだけど、
同筆者による『バーブル・ナーマ1:ムガル帝国創設者の回想録』が
9/10に文庫本として出版されるから

「これを読んでからレポートを書きたい

(書き直すことになるかもだけど…)と思ったから


…って、私の場合、この東洋史みたいにテーマが2つに分かれていて
どちらかを自分で選ぶ場合、最初は両方の指定図書を読んで、
それで自分の興味がある方を選択するという方法を取っているうえに
こんなことをしているからいつまでもレポートが出せず終いになってしまうんだろうけれど、
このバーブル、指定図書を読んでいるだけでもとても興味深い人物なのです

けど、このタイトルにある『1』っていうのはミソなんだよな…
『2』以降もあるような予感…

…ってことは、やっぱり今仕上げて出した方がいいのかしら???
スポンサーサイト

ジャンル : 学校・教育
テーマ : 大学通信教育

Comments(0)  

早くも4月

気がつけば、いつの間にか4月。


まだ、配本こない…
というか、レポート課題集を待っているのだげど…

早くこないかなぁ~
関連記事
Comments(0)  

【スクーリング】2013夏スク結果

今年の夏スクの結果が届いた。

ドキドキしながら封を開ける。


結果を見て、まず最初に思ったこと…


「信じられない…」


結果は、

■法学(憲法を含む)…A

■論理学…A


無事に4単位取得


で、何が「信じられない」のかと言うと、絶対的に“論理学”

「力だめし」とされていた問4は、まずもって回答できなかったけれど、
それがあくまでも、本当に「力だめし」だったとしても、
その他の、正当な3問。


すべて書くには書いたけれど、自信をもって「これは大丈夫!」と思えたのは、
問1の1だけ。

問1の2と問2はまったくもって自信がなかった上に、問3は、確実に答えを間違えていた。

だから、論理学については、甘くつけてもらえばCはもらえるかも…とは思っていたけれど、
まさかAが取れるとは思ってもいなかったから、
本当にびっくり

けれど、問3は間違っているとはいっても一応真理表は書き上げていたし、
おそらく、どこかで1つを間違ったために最後がトートロジーにならなかっただけだと思うので、
これはもう部分点が与えてあるのは間違いない。

M教授、本当に本当にありがとうヾ(@^▽^@)ノ


そして法学。

これは、自己採点でも合格はできるとは思っていた。

けれど、持込可だったし、論述問題の問いを前日に提示してあったために
その分、採点は辛めだと思っていたので、
こちらも、まさかAをいただけるとは思っていなかった。

「採点は辛め」と思っていただけに、論述問題の回答は、
前日に何度も組み立てなおしてカンペを作成していた。

それがよかったんだろう

それでも、論述問題は、仮に満点だったとしても、100点中の40点。

残りの60点は択一問題。

たしか、41~60点がC、61点~80点がB、そして81点以上がAと言われていたので、
択一式をすべて間違っていれば、不合格のところだ。

といっても、それはあくまでも、「論述問題が満点だったら」の話。
だから、択一問題もある程度は解いておかないと安心はできないところだった。


だから、前日に論述問題の回答を書く時間の計算までやっていて、本当によかった


とりあえず、今年の夏スクは、2科目とも無事に単位が取れて、
ひと安心

関連記事

ジャンル : 学校・教育
テーマ : 大学通信教育

Comments(4)  

【西洋史】レポート課題

今日、仕事から帰ってポストをのぞくと、
先日、送付依頼をした西洋史のレポート課題が届いていた。

今週末にはレポートを形にしたいけれども、今週末は休日出勤。

清書まではいかなくとも、草稿までは作り上げたい。
関連記事

ジャンル : 学校・教育
テーマ : 大学通信教育

Comments(0)  

【西洋史】再履修

西洋史のレポが「D」で戻ってきてから、早6ヶ月以上。

すでに、再提出の期限を過ぎている。


それで、また1からってことで
再度、西洋史のレポート作成に取り掛かろうと思うけれど、ここで疑問が1点。


再履修の際のレポ課題って、2012年度のものを使っていいのかな??


課題は、まだ今年度いっぱいは有効。
けれど、再提出期限をオーバーさせてしまった場合、また同じ課題って使えるの???

もし使えるのならば、指定された文献の内容もまだ頭に残っているし、
新しい本を買いなおす必要もない。

だから、もしも2012年度のものを再履修でも使えるのならば、
2012年度の課題でレポを出したいと思った。


それで早速調べてみたけれど、再履修の仕方は載っていても、
レポの課題については見つけきれない…

再履修の場合でも、事務局への登録などは必要ないとのことなので、
もし2013年度のレポ課題を使うのならば、何も届け出る必要はないみたいだけど…


唯一見つけたのが、「課題が手元にない場合は通信教育部事務局分室へ」ということ。


どうやら、任意の用紙に再履修の科目とレポート課題の年度、それから学籍番号を書き、
かつ80円切手を貼って返信先を記載した封筒を同封して事務局へ送付すれば、
課題は送ってくれるとのこと。


一瞬、「ん??もし、Dで戻ってきたレポに貼っている課題をはがしたら、それを使ってもいいのかな?」とも思ったけれど
もし不可で戻ってきたら、2012年度の課題は使えないからなのか、それとも課題(貼付するやつ)が無効なのかがわからない…

そして、仮に受理はされても結果が「D」だったら、そのせいにしていまいそう

それに、課題を事務局から取り寄せる場合は、「再履修であることを明示」とあったので、
とりあえず、『再履修の意思表示』と思い、課題の送付を依頼することにした。


だから、それが送られてきたならば、一応2012年度の課題でレポを作成し、
提出してみようと思う。

…というか、もし、再履修では同じ課題を使えないのならば、この時点で「不可」だと教えてほしいけれど。


まぁ、これでまた「D」あるいは不可で戻ってきたら、
再々レポは2013年度か2014年度の課題を使うことになるだろうけれど…


関連記事

ジャンル : 学校・教育
テーマ : 大学通信教育

Comments(0)  
プロフィール
◆大学
≫慶應義塾大学通信教育課程
◆学部
≫文学部第1類普通課程
◆入学
≫2012年4月(66期生)

最後までくじけず、粘り強く
卒業目指して頑張ります♪

Author:更紗

カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
最新記事
本棚
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
アクセスカウンター
RSSリンクの表示
QRコード
QR
Powered
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
最新コメント
リンク
履修状況
進行中
西洋史再レポ作成中
東洋史文献読書中
論理学テキスト勉強中
英語基礎から勉強中


科目試験
2013年度第Ⅲ期
(2013/10/19-20)
なし


結果
【結果】=レポ/試験/単位

総合教育科目 12/48単位

◆人文科学分野
 哲学(SS) D
 【再】歴史(西洋史)(T)
 論理学(SS) A/2

◆社会科学分野
 社会学(SS) A/2
 法学(SS) A/2

◆外国語
 英語Ⅱ(T) B.A/C/2

◆保健体育科目  4/4単位
 改訂・保健衛生(T) B/B/2
 体育理論(T) A/B/2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。